たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  昭島市 昭島市

多摩地区に数十年住み、いろいろ回ったおっさんの写真などを公開しております。ぜひどうぞ。新たな発見もあるかも?!

2015年09月12日

台風18号での多摩川の状況

ようやく秋空の晴天の今日だが、台風18号はすごかった。

俺の大好きな鬼怒川水系も大打撃を受けてそうだ。鬼怒川は故郷の福島へ行く途中通るのでいつも遊んでいる所。一刻も早い復旧をのぞむところだ。

さて、通勤途中の多摩川原橋が調布市にあるのだが、結構増水していた。

9月10日の夕方がすごく増水して、多摩川の南北の堤防ギリギリまで川幅が広がっていた。

が、9月11日の朝にはかなり元通りになっていた。しかし川幅は普段の倍近くある。濁流はいまだにだけど。



しかしいつも思うけど自然災害ってどこに何が有るか分からんのが少々怖い。しかし生まれて死ぬまで一度もこういった災害に合わない人もいるわけだ。たまたまそういった土壌に住まなかった、もしくは居なかったという運的なものもあるんだろうか。

まあ、最低限危険がありそうな場所に住むのは避けられるなら避けたほうがいいのかなと思う。

俺んちは横田基地の離発着の航路上。やはりいつかそういった飛行機にからむ何らかの事故とかの発生が通常の家より起きやすいのは確か。もちろん発生確率は凄まじく低いのだろうけど。航路上に家がなくても墜落などの危険はどこでもあるためなんだけど。

まあこういった施設のまわりに極力住まないで済むなら越したことはない。ひょっとしたらいずれ引っ越すかもしれないし。

がけ崩れもそう。ガケの近くに住まないっていうのも策ではある。しかし福島のばあちゃん家は200年も前からあるが、崖っぷちに建っている。

いまだに健在。やはりガケでも強い崖なら安心なのか?そういった土地の情報など国が開示してくれると住む家の場所を絞れそうだ。

まあこれくらいで。  


Posted by akishimakko at 13:27Comments(0)調布方面

2015年09月05日

通勤電車での毎日の楽しみ

通勤で拝島から南武線矢野口駅まで行ってるんだけど、立川から大体打率5割程度の確率で座れる。座れなくても西国立駅で半分くらい乗客が降りるため大体座れる、結構ラクな通勤。

んで、かれこれ数ヶ月経つけど、座って南武線に乗ってて、分倍河原駅で乗ってくるOLさんが(既婚、指輪してるから)必ず俺の前に立つわけ。

全く別の場所から乗ってきて、他の場所に立ってたも俺を見つけるとわざわざ俺んところの前に立つという。

別の何にも無いんだけど、その娘スゲーピタピタのスキニーはいていて、ボディラインがしっかりと・・・・

男だったら結構薄目開けて見るよね、普通。朝の通勤の楽しみ楽しみ・・・ムフフ(-ω☆)キラリ

どうやらなぜ俺の前に立つかというと簡単。俺が矢野口で降りるから。

分倍河原駅から矢野口は10分なので、その間だけ立ってたら後は俺が降りて彼女座れるじゃん。

座りたいために降りる人を探してその人の前に立っていたのか!

きっと俺の顔か服装、かばんを目印にして見つけるんだね。

この間たまたま座れなくて立っていたら、その娘他の場所探して適当に立っていた。

可哀想に!!

どこまで行くんだろね、彼女。

  


Posted by akishimakko at 14:13Comments(0)調布方面